FAQ: ベンチャーバンクの新卒の採用説明会や面接で、服装指定が「自由」であって「私服」ではない理由(ワケ)

採用情報

登録する

株式会社ベンチャーバンクの最新の採用情報をメールでお届けします。

    ベンチャーバンク人事部の高木です。

    3月からいよいよ2019年度新卒採用が本格化しています。私たちの会社では新卒採用の面接やセミナー、説明会の際に学生の皆さんにお伝えする服装を「自由」としています。自由ですのでシャツやセーターで来ていただく学生さんもいますが、まったく問題はありません。もちろん「自由」という言葉から、スーツを着てこられる学生さんももちろんいます。建前として「服装は採用に影響しません」という意味ではなく、本当に、そこは見ていません(笑)

    ベンチャーバンク新卒説明会

    しかし、私たちベンチャーバンクでは新卒の就活生に向けた採用活動において、面接、セミナー、説明会の服装を「私服」とはしていません。なぜ服装は「自由」であって「私服」と指定をしていないと思いますか?

    それは「私服」と指定するとシャツやトレーナーやセーターといった本当に普段着ている服を就活生の皆さんが用意しなければならないかもしれないからです。多くの就活生の皆さんは複数の会社を回られると思います。もし、ここで私たちベンチャーバンクが「私服」と指定をしてしまうと、他の会社が「スーツ」指定ないしは「スーツが好ましい」とされる場合、着替えを持ち歩かなければなりません。それはあまりに就活生にとって、大変なことだと私たちベンチャーバンク人事部は考えています。

    ですので、ベンチャーバンクの新卒採用では服装は「自由」とさせていただいています。シャツやセーター、もしくはジャケットというスタイルで来られる学生さんは、おそらく、今日の予定が私たちの会社説明会のみなのでしょう。それはそれで、その人の個性やキャラクター、ひととなりが分かりますし、評価にはまったく関連はありません。

    これもまた、ベンチャーバンクの考え方の一つ、利他の精神なのかもしれません。どうぞ、皆さん他社も含めてご自身が就職活動をしやすい服装でお越しください。

    この記事を書いたのは、人事部 高木

    ベンチャーバンクグループの
    最新の採用情報をメールでお届けします。

    もし今、希望の職種が見つからなかったとしても、近い将来あなたに合う職種が出てくるかもしれません。

    ぜひEメールを登録して、当グループからの採用情報を見逃さないでください。

    Subscribe to Email Updates