平成最後のベンチャーバンクカンファレンス「UNITY」開催しました!

採用情報

登録する

株式会社ベンチャーバンクの最新の採用情報をメールでお届けします。

    株式会社ベンチャーバンクが、2016年にLAVA International やFEEL CONNECTIONなどへ分社してから2年半が経ちました。これから更に多様化していく世の中で、企業として成長し続け、今後も社員が一丸となって共に未来考え、行動していくために、「UNITY」と題したベンチャーバンク全体会議を2019年4月26日、平成最後の出勤日に開催しました。

    vb_0856“UNITY”とは結束、ひとつになることを意味しています。会長、社長の講和や入社2年目までの新卒社員を対象としたMVR(Most VentureBank Rookie)の選出、社員全員で行うワークなど、この時間を通して「好きを仕事に。人生をワクワク生きよう。そして自分自身と関わるすべての人を幸せにしよう」という理念を基にしたベンチャーバンクの未来像の共有と、そのために各組織として行う行動、個人が行う行動を、具体的に決定していきました。

    本記事では、特にベンチャーバンクらしさが溢れた(Most VentureBank Rookie)についてご紹介します。

    今回、ベンチャーバンクとして初めて、新卒新入社員を対象としてMVRを選出し、表彰しました。本年度の候補は3名。それぞれが先輩社員の応援演説と自身が何を行ってきたのか、プレゼンテーションを実施。ベンチャーバンク社員の前で堂々たる姿を見せました。

    MVRは参加者の投票で1名を選出します。今回はLAVAに配属され、最年少SV(スーパーバイザー)となった2017年度新卒入社の堀 由衣菜が受賞しました。

    vb_0169

    多くの人が「難しい」「もう無理だ」と言った課題に対しても、堀は「他の人が無理でも私だったらできるかもしれない」と前向きに対峙し、見事に解決していきました。それは堀が「理想の未来は手放さない」という強い決意のもとに成し得た、会社の成長に大きく貢献する圧倒的成果でした。

    受賞後に再び登壇した堀は、「私は内定をもらい入社を決めたのが、同期の中では一番最後でした。同期と出会い、このメンバーとだったら何があっても乗り越えられる!と思って入社を決めました。それぞれの配属先が決まり部署がバラバラになっても、自分に無いものをたくさん持っている同期が、自分を支えてくれました。あの時、みんなに出会えたことに感謝しかないです。今回は同期、そして先輩方のサポートのがあってこの場に立つことができました。みなさん、これからも共にベンチャーバンクを盛り上げていきましょう!」と語りました。同期との出会いについては涙を交えて話し、その姿に多くの社員がもらい泣きしました(笑)

    vb_0190

    vb_0216

    堀を含めた候補者3名に共通したのが、「素直な心で行動し、自分を信じて挑戦した結果、大きな成果を獲得した」という点でした。ベンチャーバンクには「チャレンジの先には成功か大成功しかない」というベンチャースピリッツがあります。そこに素直さと行動力が加わると、経験値を大きく上回る成果へとつながることがわかりました。

    ルーキー達の姿に多くのベンチャーバンク社員が刺激を受けた時間でした。

    ベンチャーバンクでは、今後もMVP、MVR社員の選出を通じて、成功事例を共有し、個々のさらなる躍進をめざしていきます。

     ベンチャーバンクのことをもっと詳しく知る

    関連記事

    新卒_all_00004

    2018年度入社新卒社員から就活生へのメッセージ: 「自分がどうありたいのかを考えてみる」

    一緒に働く仲間に感謝し、お互いを称えるゆずりはの表彰イベント

    FAQ: ベンチャーバンクに新卒総合職として採用されたら、どの事業部に配属されますか?

    この記事を書いたのは、人事部 庄司

    ベンチャーバンクグループの
    最新の採用情報をメールでお届けします。

    もし今、希望の職種が見つからなかったとしても、近い将来あなたに合う職種が出てくるかもしれません。

    ぜひEメールを登録して、当グループからの採用情報を見逃さないでください。

    Subscribe to Email Updates