2度の産休・育休を経て、独学で簿記を取得。実務経験を積みたい、という希望で未経験から経理へ。

採用情報

登録する

株式会社ベンチャーバンクの最新の採用情報をメールでお届けします。

    清野 美紗子 - 経理財務部

    社歴10年以上。ヨガスクール運営事業FIRSTSHIPでカウンセラーと運営管理を経験しながら2度の産休・育休を経て、未経験から経理にチャレンジした清野。キャリアチェンジを選択した理由や仕事のやりがいを聞きました。
    vb_ito_65

    ■現在の業務内容について教えてください。

    株式会社ベンチャーバンクの経理財務部にて、月次決算、日々の勘定仕訳、経費精算、支払業務、中間/本決算、申告業務の一連の経理業務を行なっています。

    経理財務部は事業ごとに担当が分かれていて、私の担当は、株式会社ベンチャーバンクの事業であるリラクゼーションサロンを運営するカラダメンテナンスの他に、グループ会社である人材開発事業の株式会社iGENEと、ホットヨガ事業の株式会社LAVA Internationalです。

    営業部門の方からオペレーションの相談を受けた際の改善提案、経理業務の作業効率向上の提案も常日頃から心がけています。

     

    ■清野さんの所属は株式会社ベンチャーバンクですが、グループ会社の業務も行うんですね。

    はい。規模が異なる会社を担当させてもらえているのは面白いと思います。iGENEは社員10人未満の小さな会社で、LAVAは反対にグループ会社で一番従業員数が多い会社です。LAVAは私1人で担当しているわけではなくて、複数人で担当しています。

    業態によって経理の形状が全然違いますよね。ベンチャーバンクグループの資産には生物から店舗まで色々なものがあって、商品としても形のある化粧品から形のないレッスンまで様々です。その上小規模も大規模もあって、経理として経験の幅が広がるのは良かったです。

    vb_ito_09

    ■元々営業部門に所属していたということですが、入社してから経理財務部に異動するまでの経緯を教えてください。

    2006年にキャリアカウンセラーの仕事を希望して、FIRSTSHIPに入社しました。

    前職では英会話の営業として、将来的に英語を使って仕事をしたいお客様にツールを提供する仕事をしていました。ですが、英語を学んでも実際に仕事に就ける方がいない状況が気になって、そういった方のサポートをしたいと考え、キャリアカウンセラーを志望しました。

    1人目の産休・育休取得まで、FIRSTSHIPで留学カウンセラーを務めた後、戻った後はFIRSTSHIPの管理担当として総務や経理のような管理業務全般を行なっていました。経理の業務に興味を持ったのはその際です。日々の業務を行う中で、自分の税務・会計の知識が乏しく、経理財務部の方に指摘された内容が理解できなかったり、適正なオペレーションができているか判断できなかったりして困りました。それで、もう少し勉強したいなと考え、2度目の育休中にファイナンシャルプランナーと簿記の資格を取得しました。

    職場に復帰する際にFIRSTSHIPの上長と面談を行い、そこで育休中に簿記の勉強をしていたことを伝えました。勉強しているうちに会計の実務経験を積みたいという気持ちが強くなっていたので相談したところ、未経験ながら経理財務部に異動させていただけることになったんです。

    FIRSTSHIPのこともすごく好きだったので、その時はとても悩みました。でも、「あの時経理に行ったら面白かったのかな」と後悔することがあったらすごく嫌だと思って、チャレンジすることを決めました。私の中で、人生は一度きり、後悔ない人生を送ろうと決めているので、そこはブレないように決断しました。

    ■仕事をする上でワクワクすること、楽しいと感じることは何ですか。

    日々勉強して新しいことを学ぶこと。それから煩雑だった管理オペレーションが、経理財務部にとっても営業部門の方にとってもお互いやりやすくなった時に嬉しく感じます。

    vb_ito_04

    ■仕事をする上で大切にしていることについて教えてください。

    相手の気持ちを考えて行動することと、常に感謝の気持ちを持つことを意識しています。

    私の強みは、営業部門で働いていた経験を持っているので、営業部門の人の気持ちも経理の必要性も両方理解できることだと思っています。経理財務部は間違えを指摘したり、締め切りを守るように促したり、厳しくて細かいと思っている方もいるかもしれません。ですが、それは毎月の月次を正確にすることで、的確な経営判断をしてもらう責務があるからです。

    営業部門の事業を拡大したい、売上を作りたいという気持ちも分かるので、お互いにとって最善の方法を提案することを心がけています。営業部門あっての管理部門、管理部門あっての営業部門ですから、お互い感謝の気持ちを持って仕事をしていきたいと考えています。

     

    ■一番自分らしい時間について教えてください。

    ハワイ保養所

    休日に家族と過ごす時間です。私は二児の母ですが、気がついたら子ども達が出来ることが増えていて、私が知らないことを教えてくれます。以前は、子ども達が友達と喧嘩をすると「ママはいつも味方だよ」と言ってあげていましたが、今では子ども達が「いつもママの味方だからね」と言ってくれるようになって、とても幸せな気持ちになります(写真は家族旅行@ベンチャーバンクハワイ保養所)。

    私にとって悔いのない人生の中心は子育てなんです。子どもとの時間を大切に過ごすことができ、自分が幸せだと感じているから、仕事にも前向きに取り組めています。さらに、今は時短でも責任のある仕事を任せてもらえて、新しい知識を得られ、自分の成長も感じています。2度も産休・育休を取って、キャリアチェンジの機会も頂けて、自分の勉強もさせてもらえて、全部できている今の環境にはとても感謝しています。

    vb_ito_120

    < PROFILE >

    2006年ベンチャーバンク入社。FIRSTSHIPでカウンセラーや運営管理を経験。その後、育児休暇を取り、その間にファイナンシャルプランナーと簿記の資格を取得。復帰後、経理財務部へ異動し、月次決算、中間・本決算、申告等の一連の経理業務を行う。時短勤務ながらも仕事と育児を両立し、プライベートの時間を楽しく過ごしながら、仕事で自己成長させている。

     

    RECRUITMENT

     

     関連記事

    takeda_067

    産休・育休を経て時短勤務で復職。限られた中でもベストを尽くして事業拡大を支えたい。

    子どもができても働き続けられる?内定者の率直な疑問を社員さんにインタビューしてきました

    LAVAの立ち上げと急成長を牽引。 頼れる事業責任者として、ママとして、女性のロールモデルでありたい

    この記事を書いたのは、経営企画室 湯通堂

    ベンチャーバンクグループの
    最新の採用情報をメールでお届けします。

    もし今、希望の職種が見つからなかったとしても、近い将来あなたに合う職種が出てくるかもしれません。

    ぜひEメールを登録して、当グループからの採用情報を見逃さないでください。

    Subscribe to Email Updates